フィギュアスケートファンの資料庫

フィギュアスケートの採点に納得がいかない、ちゃんと考えたり主張するための資料が欲しい、というとき役に立つようなサイトにしたいと立ち上げました。まだまだコンテンツは少ないですが、だんだん充実させたいと思います。また、書式の不統一や読みにくさにいつてはおいおい改善したいと思いますので、よろしくお願いします。ここで扱うのはシングル競技に絞らせていただきます。

Nympheaさんのブログ「惑星ハニューにようこそ」で翻訳のうえ紹介された 書店を経営するライター、マルティーナ・フランマルティーノさんのブログSportlandiaに掲載されているジャッジに関する非常に興味深い分析記事3本です。リンク元でご覧ください。 原本…

2019トリノGPF 羽生結弦VSネイサン・チェン~「惑星ハニューにようこそ」より

トリノGPFを検証するための資料として、惑星ハニューにようこそさんより http://pianetahanyu.altervista.org/%E3%83%9D%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%83%88kiss%EF%BC%86cry-ii%E7%AC%AC7%E5%9B%9E%E3%80%8C%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%8…

中日新聞でのフィギュアスケートの採点に関する分析記事です。 冒頭の「ジャッジの精度が大幅に向上した」には????ですが、 まじめな分析であること、ISUの評価委員会のことなど普段表に出てこないことを 取り上げてくれているので記録の意味で紹介しま…

ミーシンはルール変更後の審査で恣意性を警告

https://www.goldenskate.com/2018/06/mishin-warns-of-arbitrariness-in-judging-after-rule-changes/ 〔自動翻訳〕原文は後ろにあります。 ミーシンはルール変更後の審査で恣意性を警告 公開日:2018年6月1日 ロシアのコーチであるアレクセイミーシンは一…

オリンピックレベルのジャッジが見る採点の実際(2010.8月)

2010.8月投稿の記事 https://figureskate.wordpress.com/2010/03/08/patrick-ibens-interview/ 【自動翻訳】原文は下にあります。 フィギュアスケートの世界におけるトニー・ウィーラーの考え パトリック・イベンスインタビュー 注:このインタビューと他の…

フィギュアスケート男子シングルにみる ジェンダー・クロッシング

フィギュアスケート男子シングルにみる ジェンダー・クロッシング ―21 世紀初頭のオリンピックにおけるパフォーマンスから― 相原 夕佳 日本大学大学院総合社会情報研究科 https://atlantic2.gssc.nihon-u.ac.jp/kiyou/pdf16/16-113-124-Aihara.pdf この論文…

ISUレフェリー研修について

ぶろぐ「ロンドンつれづれ」さんより https://ameblo.jp/popular2/entry-12491026428.html?frm=theme シーズン初めにレフェリーを対象として作られた研修用のビデオの内容について「ロンドンつれづれ」のポプラさんが翻訳して紹介してくださいました。今シー…

【翻訳】フィギュアスケートの採点調査   第一部ナショナルバイアス

フィギュアスケートの採点調査 偏向採点とフィギュアスケート:第一部:ナショナル・バイアス 投稿者:FS Judging Review 翻訳者:翻訳班 MK シニアグランプリシーズンがもうすぐ始まる今、ジャッジの記録を体系的に見るのにふさわしい時期だと考えました。…

Judging Bias and Figure Skating: Part One – Nationalistic Bias

https://fsjudging.wordpress.com/ Figure Skating Judging Review Judging Bias and Figure Skating: Part One – Nationalistic Bias Posted byFS Judging ReviewOctober 17, 2019Posted inUncategorized As the Senior Grand Prix season is about to begi…

フィギュアスケートにおける主観的評価の検証

成果評価基準における正確性について ―フィギュアスケートにおける主観的評価の検証 https://www.jcer.or.jp/jcer_download_log.php?f=eyJwb3N0X2lkIjozMjQ3MywiZmlsZV9wb3N0X2lkIjoiMzI1MDUifQ==&post_id=32473&file_post_id=32505 労働に対する評価につい…

ナショナルバイアスが強いとされるジャッジ一覧

Figure Skating Judging Reviewでは、データベースに乗せられている177人のジャッジについてナショナルバイアスがあるかどうかを調べています。そして、統計的に検討して明らかにナショナルバイアスが働いているジャッジ92名を特定しました。 ※詳しいレポー…

オリンピックのジャッジ問題について スキージャンプとフィギュアスケート(2014年の記事)

https://www.washingtonpost.com/news/monkey-cage/wp/2014/02/12/how-ski-jumping-gets-olympic-judging-right-and-figure-skating-gets-it-wrong/ 自動翻訳(原文は下にあります) スキージャンプがオリンピックの判定を正しくする方法(およびフィギュア …

BuzzFeed News(2)フィギュアスケート審査員がオリンピック表彰台をどのように形作ったか

https://www.buzzfeed.com/johntemplon/by-voting-for-their-own-figure-skating-judges-may-have 自動翻訳(原文は下にあります) フィギュアスケート審査員がオリンピック表彰台をどのように形作ったか BuzzFeed Newsの分析によると、2018年の冬季オリンピ…

BuzzFeed News(1) ナショナルバイアスとオリンピック

この記事は、自動翻訳されたものです。本文は翻訳文の下にあります。原文へのリンクはこちらです→https://www.buzzfeednews.com/article/johntemplon/the-edge ※羽生選手ファンのSIENNAさんがご自分のブログで詳しく翻訳されています。自動翻訳よりわかりや…

羽生結弦選手の技術と芸術性を評価した論説あれこれ

羽生結弦選手の芸術性について、異分野の知識や見識を持った方々の 論評をご紹介します。 フィギュアライターと言われる方々からは得られない 高度で深い内容になっています。 ◆羽生選手の芸術的卓越性について書かれたもの ◇太田龍子さんのエッセイ 鬼たち…

データは、フィギュアスケートの審査システムに偏りがあることを示していますか?

レナータM 2019年12月19日 ・ 7 分 私はフィギュアスケートの大ファンです。このスポーツに関する私の話は2005年に始まり、ここ数年はそれをきちんとフォローしていませんでしたが、2018年のオリンピックではこれまでになかったほどスポーツに戻りました。イ…

参考データリンク先(2020.5.15追記あり)

参考データリンク先 基本的に羽生選手のファンブログは外してあります。 RinkResultsさん 選手、ジャッジ、所属クラブ、会場ごとにデータが検索できます。 いつもお世話になっている凄いサイトさんです。 http://www.rinkresults.com/ こちらもデータの充実…